Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

僕のワンダフル・ライフ
(鑑賞後の方向け)


pep_review
いかがでしたか?

私(ペップ)
現在犬を飼っておりますし、
死別した犬達の記憶も
まだ新しいので、

数回訪れる「別れ」のシーンは
当然自らの「それ」を
想起させられるわけで、
とても平常心ではいられませんでした。

「飼う」事を前提として
繁殖が続けられている「犬」には、
真の意味での「自由」はありません。
全ては人間次第。

もっと言えば犬達を
「生かす」も「殺す」も
人間次第なのです。

本作には
物語の主軸として、
ベイリーが繰り返す
「犬生」がありますが、

それは人間の創作であり
「こうだったら素敵だなぁ」
という想像です。

ベイリーのモノローグも然り。

だからといって本作に
「リアリティがない」
「意味がない」
なんて事はありません。

相手が「人間」であれ「犬」であれ
「コミュニケーション」において
大事なのは相手を思う「想像力」です。

「言葉が通じる」=
「コミュニケーションが取れている」
ではない。

「想像力」が伴えば
「絆」はより深くなるのです。

© 2018 cinemactif . All Rights Reserved.