Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

バリー・シール/アメリカをはめた男
(鑑賞後の方向け)


pep_review
いかがでしたか?

原題は”American Made”
なんという皮肉!
そしてなんという苦い後味!

邦題は
「バリー・シール/アメリカをはめた男」
ですが、

おそらく鑑賞後は誰に聞いても
「アメリカをはめた」なんて言葉は
出てこないでしょうし、

本作を観る限りでは
「アメリカがはめた」のはもちろん、
「はめられた」のがバリー・シール
だけではないというのも実に苦い!

しかも我々が実感していないだけで、
おそらく”American Made”は
今も脈々と続いているという事実も
実に苦いです。

主演のトム・クルーズは
55歳とは思えない若々しさと、
パイロットとは思えない白すぎる歯で
バリーを演じていました。

しかも
生尻を何度も出すだけじゃなく、
飛行機の運転まで
スタントなしでやるんですから、

“役者バカ”ならぬ
“バカ役者”と言っても過言ではない!
(勿論褒めてます!)

彼だからこそ
苦い物語も苦くなりすぎず
“アメリカン”
に仕上がったのでしょう。

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.