Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

cinema column vol.6
ぼくらが映画館に行く理由(その5)

前回は映画館で体験出来る
「一体感」について書きました。

とはいえ、
「味わったことないよ」
という方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、

ぼくらが映画館に行く理由その5.
「一体感を味わう為には」

どんなジャンルの作品であれ
共通して言えることは、

「満員(に近い)状態である」事が
第一条件になります。

映画館にかぎらず
混んでいる場所が好きな人は
あまりいないかもしれませんが、

殊に
「一体感」を味わうためには
「満員(に近い)状態」の方が
可能性はグッと高くなります。

また、どんなジャンルでも
と前述はしましたが、
それでも「一体感」が得やすい
ジャンルはあるかと。

私(ペップ)の経験上、
一体感が得やすいと思うジャンルは、
「コメディ」続いて「アクション」

「笑う」「驚く」という行為は、
きっと共感度が高いのだと思います。

(え?「泣く」は?
共感度が高いんじゃないの?)

「泣く」は
感情の向きが内向きな為、
一体感が得にくい気がします。

pep

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.