Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

ディオールと私(鑑賞後の方向け)

dior_and_i_for_watchmen

ayumi_review

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

本作のナレーションは、
なんと!
亡きクリスチャン・ディオール氏。
ドキュメンタリーでありながら
面白い試みですよね。

作中で鮮明に描かれていたのは
ラフ・シモンズよりもむしろ
お針子さんたちをはじめとした
周りの人々の様子。

みんなほぼ寝ておらず、
ややこしい作業も必死でやる。

そんな過酷な状況下でも
カメラが映し出したのは
みんなが生き生きとしている様子でした。

このブランドの一体感や、
ラフへの信頼感が強く表れています。

ラフの最後の涙が忘れられません。
今後も彼のコレクションが
ますます楽しみになりました。

ちなみに2015年春夏の
Diorのオートクチュール、
ラフ就任以来
わたしが個人的に
いちばんすきなコレクションです。

映画を観て興味を持った方は
ぜひご覧ください。
ため息が出るほど美しいです。

Dior 2015 春夏オートクチュール

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.