Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

ヒトラー暗殺、13分の誤算
(鑑賞後の方向け)

elser_for_
ayumi_review

 

 

 

いかがでしたか?

本作は
逮捕されてからのエルザーと
犯行に至るまでの彼の生活の
2本の軸で物語が進んでいきます。

以前にご紹介した
『イミテーション・ゲーム』も然り、

このように時間軸を交差させる手法は
当事者の本質を見ることができるという
利点があります。

固定カメラで撮られた
目を覆いたくなるような拷問シーンは、

過去の楽しい日々との対比によって
より痛々しく映りました。

エルザ、ネーベ、ヨーゼフなど
エルザーの周囲の人間の描き方も丁寧で

国家という大きい権力に抗えない
人々の無力さを
思い知らされました。

爆破の被害者などが
一切描かれていないのは

惨事そのものよりも
善良な一般市民が
事件を企てたということ、

犯行に至らしめたのは
ドイツという国家であること、

を伝えたかったからでしょう。

ラストの銃声のあと
クレジットに出てくる
原題の“Elser”の文字に
胸が痛みます。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2019 cinemactif . All Rights Reserved.