Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

帰ってきたヒトラー
(鑑賞後の方向け)

eristwiederda_for_
ayumi_review

 

 

 

いかがでしたか?

原作ものを映画化すると、
その良さが損なわれる場合が
多いのですが、

本作では冒頭から
ドキュメンタリーの手法をとり、
街頭インタビューすることで

映画がつくられた現代(=2014年)の
ドイツの生の声を聞くことができます。

メルケル首相への暴言に
笑った方も多いのでは。

原作とは異なり
ザヴァツキがヒトラーの正体に
気がつくという設定や、

その彼が
バックトゥザフューチャーのファンであり
(部屋にポスターまで貼ってありました)
マーティ風の装いなのが面白かったです。

このように
映画ならではの演出が光る
作品となっていました。

原題“ER IST WIEDER DA”
は直訳すると
『彼は再びそこにいる』
という意味で、

「帰ってきた」とする邦題よりも
カリスマ性を持つヒトラーが現代にいる、
という意味合いがより強くなります。

つまり
現代の人々にとっても
知らず知らずのうちに
当時のような状況に陥る
可能性があるということ。

恐ろしい!

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.