Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

淵に立つ
(鑑賞後の方向け)

fuchunitatsu_for_
pep_review

 

 

 

いかがでしたか?

パンフレットを開くと
Director’s Statementとして
深田晃司監督の言葉が
綴られています。

そこに

「家族」とは何でしょうか?
私にとって家族とは不条理です。

という一文があります。

また、

「家族の崩壊」ではなく
「あらかじめ崩壊している家族」を
描くのにこだわる理由

もあります。

私(ペップ)も常々

「血」だけが
「尊い」ものであり、

「血」こそがなによりも
「最優先」されるべき、

という考え方には
疑問を持っていますので、
とてもシンパシーを感じました。

本作で描かれている
鈴岡家はたしかに
「あらかじめ崩壊している家族」
でした。

そこにやってきた
八坂はその
「ピース」
を奪ったのですが、

そこから鈴岡家は初めて
「向き合い」
はじめるのです。

しかし元々
「崩壊している」
わけですから、

既存のホームドラマで
描かれてきたような
「ハッピーエンド」
となり得ないのは必然。

その全てが監督が考える
「家族の肖像」
なのでしょう。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.