Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

逆光の頃
(鑑賞後の方向け)


makochin_review
いかがでしたか。

本作は、
タナカカツキの同名漫画から
3つのエピソードを抽出し
映画化した作品です。

原作を読まずに
こうしたことを言うのは憚れますが、
本作は忠実に原作を再現することに
挑んだ作品だったのではないでしょうか。

フィクス撮影に拘った画面作りは、
まさしく漫画を連想させますし、
カットの展開はリズミカルで、
漫画のコマ割りを思い出しました。

あとこれは原作通りだと思いますが、
まちづくりのために
整理された京都の街並みも、
抽象化されている漫画の世界観に
マッチしていました。

こうしたことは
漫画の映像化というより
映像の漫画への接近と呼ぶべきもので、

近年多くの漫画が映画化されていますが、
そのどれにも増して
「新しさ」を感じさせるものでした。

そういえば、
小林啓一監督は過去の作品からも
漫画・アニメに対する深い愛情を感じます。

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.