Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

さよなら、人類

makochin_review

 

 

 

’70年に長編映画デビューして以来、
本作『さよなら、人類』が5本目と、
寡作な印象の
ロイ・アンダーソン。

今回も
構想15年、撮影4年
の歳月を費やしました。

固定カメラで収めた
絵画の様な映像がユニークですが

実は
背景画やミニチュアの建物を駆使した
スタジオ撮影で、
野外撮影はありません。

それを常勤スタッフ10名でこなした
というのもまた驚きですが、

世界観を創り上げることに対する
熱意と緻密さに圧倒されます。

『さよなら、人類』上映劇場
makotin_for_watchmen_1

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.