Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

たかが世界の終わり
(2017.02.11.京阪神公開)

ayumi_review

 

 

 

グザヴィエ・ドランの最新作
『たかが世界の終わり』
をご紹介します。

ドラン作品はどちらかと言えば、
あまり他の作品では見かけない役者が
使われているイメージでしたが、
今回は豪華役者陣を揃えています。

ドランの全作品を
観てきたファンとしては
ドランらしさと
新しいドラン(らしくなさではない)
という両方の印象を受けました。

ドランの考える「家族」とは。
原作戯曲と比較しても面白いです。

makochin_review

 

 

 

今回ご紹介するのは
グザヴィエ・ドラン監督の最新作
『たかが世界の終わり』

本作はオリジナル脚本ではなく
ジャン=リュック・ラガルスの
戯曲が原作
ですが、
とはいえ極私的な作品と言えます。

ゲイで若手作家である
主人公ルイには
グザヴィエ・ドランの姿が
そのまま重なりますし、

物語を通して
浮かび上がってくるテーマは
3作目『わたしはロランス』
共通しています。

pep_review

 

 

 

今回は
『たかが世界の終わり』

我々cinemactifが
毎月開催している
マンスリー・シネマ・トーク
2017年2月のお題でした。

監督はグザヴィエ・ドラン。

cinemactifは3人で運営していますが、
私(ペップ)以外の2人はドランファン。

彼に乗り切れていない私が
本作をどう観たか?は

ドランファン以外の方はもちろん、
ドランファンも必読のレビュー!
になるのではないでしょうか?

と大風呂敷を広げたところで
後説へ!

『たかが世界の終わり』上映劇場
mactif_for_watchmen

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2018 cinemactif . All Rights Reserved.