Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

リザとキツネと恋する死者たち
(鑑賞後の方向け)

lizaarokatunder_for_
ayumi_review

 

 

 

いかがでしたか?

ウェス・アンダーソン
ジャン=ピエール・ジュネ
足して2で割り、

思いっきり
へんてこにした印象でした(笑)。

こんな映画出会ったことない!
と衝撃の連続。

とはいえ
ウェス・アンダーソンのように
完璧に計算しつくされた画
というよりも、

どちらかいうとおおざっぱで(失礼!)、
チープなCGやぶっ飛んだ演出が
逆にこの映画の魅力となっています。

日本人からすれば
違和感ありまくりの
本作におけるジャポニズムは、

ヨーロッパから見た
日本のイメージが
表れているのかもしれませんね。

オープニングでいきなり歌い出し、
タイトルが出て静止画のように
ふたりがプルプルしている様子は
かなり面白かったです。

またエログロを織り交ぜ、
かわいい衣装や舞台美術と
バランスが取れていたのではないか
と思います。

トミー谷の
ポスターの縦書き表記が


ミー

伸ばし棒が
|ではなく
ーになっていたのが
面白かったですが、

あれは
わざとなんでしょうか…?

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2018 cinemactif . All Rights Reserved.