Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

2016.05.22(sun)
マンスリー・シネマ・トーク
@ガトー・ファヴォリ

cinemactif毎月恒例イベント
マンスリー・シネマ・トーク、

5月のお題は
ジョエル&イーサン・コーエン監督
『ヘイル、シーザー!』でした。

mct201605

今回は4名の方に
ご参加いただきました!
ありがとうございました。

マンスリー・シネマ・トークでは
cinemactifから
参加者の皆さんに質問を用意し、
それに対してAかBの2択で答えながら、
トークを進めていく形をとっています。

今回は毎回恒例の
「この映画を
(A)支持するか、
(B)支持しないか」
という質問と、

「(A)現在の映画産業、
(B)作中の50年代の映画産業、
どちらが好みか?」
という質問と、

2択ではない質問なのですが、
「劇中作品の中でどれが一番観たいか?」
という質問でした。

やはりコーエン兄弟最新作とあって、
各々並々ならぬ期待があったと思いますが、

細かいギャグやタップダンス等の
CGではない「手づくり」感には
みなさん感心されていました!

さて、
次回マンスリー・シネマ・トークの
ご案内です。

danchi_mct

日時:2016年6/12(日)18:30-20:00
場所:ガトー・ファヴォリ
お題:『団地』

団地に越して来た夫婦が
引き起こす一大騒動を描いた、

『北のカナリアたち』
『人類資金』などの
阪本順治監督最新作です!

『顔』以来
15年ぶりのタッグとなる
藤山直美さんのキャステングも
話題の作品です。

お題映画を観てきた方なら
どなたでもご参加いただけます。

参加申込不要、参加費無料
(お茶代のみご負担ください)

マンスリーシネマトークのページでは
過去のトークの様子も
ご覧いただけますので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

次回もたくさんの方の
ご参加をお待ちしております!

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.