Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

二重生活
(鑑賞後の方向け)

nijuseikatsu_for_
makochin_review

 

 

 

この物語を
映像化しようとすると
尾行描写が
肝になると思いますが、

やはり難しかった
ように感じます。

ドキュメンタリータッチで
描くことで
緊迫感を演出しています。

が、
尾行する人と尾行される人を
同時に収めようとする
映画らしい画は、

画としては
キマっているのですが、
ほんの少し
リアルさに欠ける印象でした。

劇中にも出た通り、
この作品はフランスの芸術家、
ソフィ・カルの
「本当の話」
に着想を得ています。

残念ながら
絶版のようで未読ですが、

ソフィ・カルが
モデルになっている小説
「リヴァイアサン」
偶然にも読んでいて、
彼女の存在は知っていました。

その小説では
「追う」のではなく、
探偵を雇うという方法で
自らを「追われる」立場に置く
という芸術活動をしていますが、

それを踏まえてみると、
教授は珠に自分への尾行を
誘導していたのではないか
と思えてきました。

本作は
このあたりも含めて謎が多く、
難しい内容でした。

解説が欲しいです(笑)。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.