Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

グランド・イリュージョン 見破られたトリック
(鑑賞後の方向け)

nowyouseeme2_for_
ayumi_review

 

 

 

いかがでしたか?

前作より
スケールアップしたことで、
よりCGを駆使した
映像になっていました。

イリュージョンは
アナログに見せるものなのに
どこか違和感を覚えてしまいます。

とはいえその技術を活かした
ICチップのシーンでは、

こんなことありえない!
と思いながらも
たのしむことができました。

舞台の中心はほぼマカオですが、
あまりその意味が感じられず、
中国色が強くなってしまった
印象は否めません。

ただ、そこで暴れまくる
マーク・ラファロ!
彼が火を噴く姿は最高でしたね!

わたしはあそこだけに
1800円払えます!(笑)

前作ではフォー・ホースメンを
追う立場であったのに対し、
今作では彼らの一員として
追われる立場になったので、

シリーズを通して観た者にとっては
そういった変化も
面白く見えるように作られていました。

続編も製作が決定している
とのことですが、

個人的には
アイラ・フィッシャーや
メラニー・ロランが
戻ってきてほしいなと思います。

makochin_review

 

 

 

いかがでしたか。

イリュージョンで犯罪と言えば、
青山剛昌さんの漫画
『名探偵コナン』に登場する
怪盗キッドを思い出します。

盗むという犯罪行為なのに、
華麗なイリュージョンによって
それが行われれば
悪党も許されてしまう不思議!
素直に私の子供心に火がつきました。

本作で言えば
ジェシー・アイゼンバーグ演じる
ダニエルが雨を停止させるシーンが
たまりませんでした!

映像的な迫力もあって
普段はアナログ派の私ですが
とても気に入っている
シーンの一つです。

ただやはり、基本的には
「いや、編集しただけやん…」
とか
「CG使ってるもんね…」
などの印象を

本作のイリュージョンに対して抱いてしまい、
マジックショーで味わえる感動は皆無でした。

(当然ですね、
でもそういったスペクタクルを
求めて観てしまっていました)

本作のような物語をアナログに、
例えば長回しで
ドキュメンタリータッチで撮ったりしたら
面白そうなんですけどね。

そんな映画が観たい!

pep_review

 

 

 

いかがでしたか?

前作『グランド・イリュージョン』
劇場で鑑賞しましたが、

その小気味良さや
最後のどんでん返しも爽快で、
個人的にはかなり
楽しめた作品でした。

その続編ということで
勿論楽しみではあったのですが、

結論から申し上げますと、
チャーミングな作品
ではあるけれど、

満足度は前作から
かなり下回った印象でした。

その原因は製作費UPによる、
見せ場のインフレ
にあったかと思います。

イリュージョンやマジックは
それ自体が独立した
エンターテインメントですから、

そこに
CGや映画的味付けを加える事が、
かえって足枷になってしまった感
は否めません。

これでは
せっかく役者陣が実際に
マジックの練習を積んで習得しても、

観客はそれ自体で
驚く事が出来ない状況になり、
相乗効果は得られないのです。

監督が替われば
作品のテイストが変わるのは
致し方ないのですが、

「肝」はどこにあるのか?
を見誤らなければ
ファンが望む続編たり得た
と思うのですが。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.