Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

オン・ザ・ミルキー・ロード
(鑑賞後の方向け)


makochin_review
いかがでしたか。

相も変わらず生命力溢れる
クストリッツァの画作りには
目が釘付けになってしまいます。

カメラの前を縦横無尽に
駆け回る動物に始まり、

オーケストラの演奏、踊り、
自然のたくましさ、
そして戦場に響く銃声まで、

あらゆる要素が
渾然一体となった
エネルギッシュな画面には、

クストリッツァにしかできない
「凄み」を感じさせます。

特に本作では動物たちへの演出が
特筆に値します。

パンフレットによると
CGを用いたのは
ヘビが巻きつくシーンのみとのこと。

あのクマとの絡みや、
ハヤブサとの息のあった
コンビネーションは
実際に撮影したということです。

当然、動物との関係づくりには
長い時間を割かれたということですが、
なかなか他の作家が真似できること
ではないと思います。

ここに、
クストリッツァの映画監督としての
矜持を感じました。

あっぱれ!

© 2018 cinemactif . All Rights Reserved.