Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

幼な子われらに生まれ
(鑑賞後の方向け)


makochin_review
本作の監督・三島有紀子は、
安易な解決を提示しません。

ラスト、
主人公の精神的な成長が描かれ、
薫との和解の兆しを見せますが、
薫の顔は映さない!

赤子を見た薫の反応を、
観客の誰もが欲望したことと思います。

おそらく薫は
顔をほころばしていたであろうと、
私(マコチン)は
期待に近い想像をしているのですが、

カメラは主人公の笑みを
映すだけに留められるのです。

これには、
彼らが抱える問題が
決して解決したわけではないことを
印象づける狙いがあったと思います。

テーマに対する
三島監督の慎重な描き方に
とても好感を持ちました。

タイトルに“幼な子”とありますが、
これは登場人物全員を
言い表しているように感じます。

親と子という
立場の違いはありますが、
誰もが不完全な人間です。

同じように悩み、
時には間違ったこともしてしまう。

そういったフェアな
(というか現実に目を向けていれば当然の)
視点が本作にはありました。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2019 cinemactif . All Rights Reserved.