Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

共犯
(鑑賞後の方向け)

共犯 後説画像

makochin_review

 

 

 

本作を監督したチャン・ロンジーは
2008年に短編映画『天黒』を発表。

この作品で高い評価を受け、
ウォン・カーウァイ製作総指揮で
『光にふれる』
として長編化もされました。

そんな
台湾で今最も勢いのある監督と言える
チャン・ロンジーの長編第2作目
となるのが本作。

個人的に良かった点は、
イジメによる青年の孤独やSNSの弊害など
映画のテーマ<描きたいもの>それ自体が

物語をおもしろくする潤滑油の様なものとして
うまく機能しているところです。

たまに
言わんとするところがよく伝わる反面、
その伝え方に強引な印象を受ける
映画があります。

しかし本作は
エンターテインメント作品として
観客を満足させながらも

明確な問題意識を
さりげなく共有させていて
感心しました。

映画を観た後も
あの場面で劇中の不幸の連鎖を
止められていたのではないかと
考えながらモヤモヤしてしまいました。
これも映画の醍醐味のひとつです。

監督の次回作がはやくも楽しみです。

  • riri

    すこし前に鑑賞しました。かなり好きな部類の映画です。
    特に映像がとても◎
    光・緑・水のような自然美はもちろん、
    10代ならではの閉塞感・登場人物の制服の着くずし方など(←こういう些細なことが10代は重要だったりする)
    暗いけど爽やかで、でも胸が苦しくて、、
    オチは結構早い段階で分かっちゃいましたが、青春映画として見れば特に気になりません。

    • ririさん

      コメントありがとうございます。
      オープニングから映像、
      スタイリッシュでしたよね!
      急な展開に
      僕はけっこう振り回されながら
      観れました(笑)。
      たしかに暗い中にも爽やかのある
      独特な雰囲気の作品ですね!

      (マコチン)

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.