Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

残像

makochin_review
今回ご紹介するのは
ポーランドの巨匠
アンジェイ・ワイダの遺作
『残像』

舞台は第2次世界大戦後、
ソビエト連邦の
影響下にあるポーランド。

社会主義が強まる中、
政府による表現の規制と戦った
画家ストゥシェミンスキ
の晩年を描いた作品です。

ワイダ監督自身も同じ時代に
検閲と戦いながら
映画を製作してきた
歴史があります。

主人公に
ワイダ監督の姿が重なると共に、
そこから強いメッセージ性を感じる、
まさに遺作と呼ぶに
相応しい作品です。

『残像』上映劇場
makotin_for_watchmen_1

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.