Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

栄光のランナー/1936ベルリン
(鑑賞後の方向け)

race_for_
makochin_review

 

 

 

いかがでしたか。

4年に1度開催される
スポーツの祭典
「オリンピック」。

国や人種を越えて
親しまれているスポーツだけは
誰もが純粋であってほしい
と願っていますが、

未だに政治や経済と
切り離すことはできていません。

それが色濃く出たのが
1936年のナチス独裁政権下で開催された
ベルリンオリンピックでした。

当時オリンピックは年々盛大になり、
国際社会に国力を誇示できる
一大イベントとして
認識されるようになっていました。

そこに目をつけたヒトラーが
国威発揚に利用したのです。

今となっては当たり前の聖火リレーが、
このときプロパガンダの目的で
誕生したのは皮肉な話ですが、

他に
オリンピックの記録映画の制作も
このベルリンオリンピックが
最初だったようです。

いろんな人間の思惑が交差する
オリンピックだからこそ、

劇中にも出てきた
「走っているときだけ自由になれるんだ」

という
ジェシー・オーエンスの言葉が響きます。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.