Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

グローリー
-明日への行進-
鑑賞後の方向け

selmaforwatchmen
pep_review

 

 

 

いかがでしたか?

伝記映画といえども劇映画なので、
全てが真実とはいえないのですが、

それでも「キング牧師」が
どういう人でどんな事をなしたか、
は十分に理解出来る内容でした。

加えて、
「マーティン・ルーサー・キングjr」
の人間的な側面にもふれており、

ノーベル平和賞を受賞した
偉大な「指導者」も、
苦悩する一人の「若者」であったという、

人間として当たり前の事実を描くことで、
「真っ当な作品」に仕上がっている
と思います。

役者陣が本当に素晴らしいのも、
本作の魅力の一つでしょう。

とりわけ
デヴィッド・オイェロウォは、
「キング牧師」と
「マーティン・ルーサー・キングjr」を
時に剛健に、時に繊細に演じ分け、
彼以外にキング役は考えられないほどです。

ジョン・レジェンドとコモンによる
アカデミー賞授賞式での「Glory」
あの時点で十分に感動的でしたが、
本作を観た後だとさらに!

我々は歴史に学び、
決して過ちを繰り返してはならない!

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.