Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

シング・ストリート 未来へのうた
(鑑賞後の方向け)

singstreet_for_
ayumi_review

 

 

 

良いところを挙げると
キリがないのですが、

特にグッときたのは
a-haのtake on meの使い方。

この曲はほかの曲と違って
劇中にa-haのオリジナル曲が
流れることはありません。

ラフィーナとの
出会いのシーンで
♪take〜on〜me〜〜
(僕を受け入れて)
と口ずさむコナー。

学校・音楽・恋愛について
何も知らないコナーが
階段の上にいる憧れの存在である
ラフィーナを見上げています。

これに対し、
後半ピアノバージョンの
take on meが流れます。

ラフィーナが
エヴァンの話をするシーンです。

コナーにとっては
複雑な心境のはず。

しかし
その音楽が鳴り止んだあと、
ラフィーナは自らの家庭について
コナーに語りだすのです。

そう、
今度はコナーが彼女を
受け入れる立場に
変わったことがわかります。

そして初ギグで、
彼女のためにつくった
To Find Youを
舞台の上から歌うまでに
成長するのです!

しびれる!

さらに詳しい感想は
こちらでどうぞ。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.