Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
(鑑賞後の方向け)

theforceawakens_for_
ayumi_review

 

 

 

いかがでしたか?

わたしは
ディズニーやドラえもん以外で
劇場で初めて観た作品が

『スター・ウォーズ エピソードI
ファントム・メナス』

でした。

わたしが映画好きになった
原点とも言えるシリーズの新作、

公開日を
どれほど待ち望んだことか!

初日の盛り上がりなど
活気溢れる劇場を見て、
cinemactifで
活動をしている身としては
なんだか嬉しくなりました。

関西圏の方は一度は
日本最大級と言われるスクリーンを持つ、
109シネマズ大阪エキスポシティ
IMAX3Dでの鑑賞をおすすめします。

レイたちが
ジャクーを疾走するシーンが
フルサイズで足元まで
観られるので大迫力
です。

旧作の香りを残しながらも、
魅力的なキャラクターたちとともに
新しいSWを見せてくれた
J・J・エイブラムスに拍手!

個人的には
ポー・ダメロンが好きです。

というわけで
スペースの関係で
とても書き切ることが
出来ません!

詳細レビューは
こちらをご覧ください。

May the force be with you!

pep_review

 

 

 

いかがでしたか?

『スター・ウォーズ』シリーズ
ファンは世界中にいて、

その誰もが持っている願望や
思い入れを満たす等という仕事は、

最善を尽くしたからといって
成し遂げられる性質のもの
ではありません。

そんな世界的注目が
一番高い作品の続編を
このような形で仕上げた
J・J・エイブラムス監督の仕事は、

世界中のファンの
計り知れない欲求を
高レベルで満たした
賞賛に値するものだと思います。

日米同時公開回で観た時は
旧3部作へのオマージュや
「歴史は繰り返す」展開に、

「新しい要素の少なさ」を感じて
不満要素が若干強めだったのですが、

2回目を観ると
実は気付けていなかっただけで、
新しい要素も
周到に盛り込まれていて、

それが次作以降の
布石になっていそうですから、
監督をはじめ製作スタッフに
あらためて敬意を表したい
と思いました。

『ピープルVSジョージ・ルーカス』
に出演していたファン達も

おそらく心穏やかな日々を
過ごしていると思います。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.