Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

ニュースの真相
(鑑賞後の方向け)

truth_for_
pep_review

 

 

 

いかがでしたか?

『アメイジング・スパイダーマン』
『ホワイトハウス・ダウン』の脚本家
ジェームズ・ヴァンダービルト初監督作品。

その「骨太」ぶりにまずは驚きました。

「好事魔多し」という諺がありますが、
大きい成功(アブグレイブ報告)の
直後に起こった僅かな「隙」が、

ブッシュ(当時)大統領軍歴詐称疑惑
を追った精鋭チームを、

疑惑の真偽とは全く別の角度から
崩壊に追い込むのですから、
全くもって恐ろしい話です。

更に恐ろしいのは、
事態の収束を図りたいが為に、

CBS上層部が
安易な「謝罪」を強いた結果、
ジャーナリズムの根幹が
揺らいでしまったこと。

たしかに「隙」はあったが、
全てが「嘘」ではない。

「木を見て森を見ず」な拙速な判断は、
結果として自らの首を締めることに。

R.レッドフォード演じる
ダン・ラザーが
「勇気(courage)」と
口にするのは物語中2回。

それぞれの意味を考えれば、
涙を禁じ得ない方も
多かったことでしょう。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.