Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

博士と彼女のセオリー(鑑賞後の方向け)

ttoe_for_watchmen

ayumi_review

 

 

 

みなさん、いかがでしたか?

エディの役づくりは
言うまでもなくすばらしかったですが、
わたしはこの作品における
映像や音楽表現が好きでした。

特に印象的だったのは
病院で余命宣告されるシーン。

ホーキングの顔と
医者の顔が交互に映るのですが、
枠いっぱいのホーキングのアップに対し、
医者のカットは
後ろにたくさんの余白。
廊下を歩く人も映っています。

そしてそこに音楽ではなく
ボーーーという音が流れています。

この音のシンプルさと
病院内の無機質な余白の組み合わせに
観る者は気味悪い圧迫感を与えられます。

美しい映像だけでなく、
こういった場面でも
こだわりが感じられました。

それにしても
劇中で二度ある
眼鏡を拭くシーン!
俯瞰キスシーンもよいけれど
監督のこういうさりげない愛の見せ方…
だいすきです!笑

みなさんのお気に入りは
どのシーンなんでしょうか。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.