Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

湯を沸かすほどの熱い愛
(鑑賞後の方向け)

yuwowakasuhodonoatuiai_for_
ayumi_review

 

 

 

いかがでしたか?

本作はいわゆる
「余命もの」ですが、

映画で描かれる大部分は、
「死」ではなく「生」
であったのが好印象。

学校に行くのを嫌がる安澄に
「逃げちゃダメ!」と
声色をガラリと変える双葉の姿に
ハッとさせられた方も多いはず。
(宮沢りえさん流石!)

このシーンが、
後に安澄が
本当の母親と対面する会話に
繋がっているのに唸らされます!

作品全体におけることですが、
上手く対比させたシーンが
多い印象です。

たとえば、
双葉に髪を結んでもらっていた安澄が、
自分でアレンジできるようになる姿からは
彼女が自立した様子を、

また防波堤で富士山を眺める3人→
ラストのお葬式で家族みんなで
銭湯の富士山を眺める5人
からは、

しっかりものの双葉が不在でも、
家族がひとつになった様子が
見てとれます。

あとはなんといっても
オダギリジョーさんですね…。

コミカルな演技との
バランスが程よく、
へろへろでピラミッドを支える姿が
いちばん泣けてしまいました。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.