Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

エレファント・ソング
(鑑賞後の方向け)

エレファントソング 後説画像
makochin_review

 

 

 

グザヴィエ・ドランが
出演していたので鑑賞しました。

ドランの作品以外で
彼が演技をしているところを見るのは
本作がはじめて。

スコープ・サイズに
納まる姿は新鮮でした。
(※監督作では
スタンダードやビスタが多い。)

光の扱い方が印象的な本作。

窓から差し込む光や
日光を反射させる雪の白さが
眩しいくらいに強調されています。

ドランの作品とは
また種類が違いますが、
独特の美意識が感じられました。

予告編などでは
「自ら出演を熱望した…」
とありましたが、
観てみると納得、というか
やはりの同性愛者の役柄でした。

自身の作品では
感情的なキャラクターが多かった
ような気がしますが、

本作では心に闇を抱える、
正体を掴みにくい人物。

なかなか難しい
役どころな気がしますが、
ドランの演技の幅をみた気がします。

多作で忙しい監督業の合間に
俳優業もこなすとは!

本当にエネルギッシュな人ですね。

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2020 cinemactif . All Rights Reserved.