Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

ハクソー・リッジ
(鑑賞後の方向け)


pep_review
いかがでしたか?

本作を観た全ての人の
「記憶」に残るのは、やはり
前田高地(=ハクソー・リッジ)での
「戦場」シーンでしょう。

その唐突さ、その長さ、
その地獄絵図、その恐怖。

どれをとっても、
これまで数多作られてきた
「戦場」映画の中で、
屈指の「なにか」でしょう。

「戦場」シーンは
三幕構成でいえば
三幕目にあたるのですが、

そこに至る迄の
一・二幕目の「描写」が
三幕目への「タメ」として
とても効果的でした。

一・二幕目でデズモンドは
自身の「信念」を
貫いているわけですが、

はたしてそれは
問答無用で「死」が訪れる
「戦場」でも同じ事が出来るのか?

本作の観客=我々は
当然この疑問を抱くわけですが、
それと同時に
「事実」としての「結果」
も知っているわけで、

ここにある種の
「説得力」を持たせつつ
劇映画として
「演出」することは、

デズモンドが戦場で
「信念」を貫く事と
同じぐらい難しい。

メル監督はそれを見事に
やってのけたと言えると思います。

© 2018 cinemactif . All Rights Reserved.