Search

cinemactif

シネマクティフでは映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝えるべく、京阪神で今観られる作品をご紹介します。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(鑑賞後の方向け)

イミテーションゲーム 後説画像

ayumi_review

 

 

 

みなさんいかがでしたか?

わたしはもともと
カンバーバッチファンだったのですが、
ファンとかそういうものを抜きにしても
本作の彼の演技は鳥肌もの。

変わり者で、孤立しているけれど、
内には熱い想いがある。
カンバーバッチにしかできない
と思うほどの適役でした。

時間軸を交差させながら
チューリングという人物に
フォーカスしつつ、
じわじわとエニグマの謎に
迫っていく手法が上手いです。
音楽や脚本も最高。

また本作で注目すべきは同性愛の描写。
カンバーバッチ自身が
映画界における同性愛の問題に対し
強く関心を持っているためか、
(彼自身はストレートですが)
その演技は鬼気迫るものがありました。

特にラストの疲弊しきった表情や
それに対するジョーンの言葉は
涙なしでは観られません。

チューリングの功績はもちろん、
マイノリティの問題を
観る者に訴えかけています。

いい意味で期待を裏切られた傑作!

  • お気に入りの映画館で少し遅れて上映が始まったので、昨日観てきました。#映画の日
    『あなたが普通じゃなかったから、世界はこんなにも美しい』
    このセリフの、この翻訳が好きです。(英語は分からないので・・・)

    観終わった後、チューリングの発明によって誕生したマシン(コンピュータ)で、
    チューリングについて調べ、こうして一つのwebサイトに書き込みをしています。
    とても感慨深いです・・・。

    • コメントありがとうございます。
      この台詞とてもすてきでしたよね。
      わたしもグッときました。
      わたしたちがいまこうして
      様々な情報を発信していけるのも
      チューリングのおかげです!
      (アユミ)

© 2017 cinemactif . All Rights Reserved.