Search

cinemactif

シネマクティフは「映画館で映画を鑑賞するたのしさを伝える」ユニットです

トランボ
ハリウッドに最も嫌われた男
(鑑賞後の方向け)

trumbo_for_
pep_review

 

 

 

いかがでしたか?

自らの政治的信念を
貫いた結果、

投獄されたのも
さることながら、

出所してからは
脚本家としても
「干された」という事実。

自由の国=アメリカ
の象徴とも言うべき
「ハリウッド」で行われた
理不尽極まりない「弾圧」には、

「憤り」と「恐怖」を
感じずにはいられませんでした。

「アメリカの理想を守るための映画同盟」
という、
もはやギャグにしか聞こえない
ネーミングのグループに、

決して屈することなく
「サヴァイヴ」していくトランボ。

映画的には「痛快」ですが、
実際の生活は(家族も含めて)

劇中で描かれていたよりずっと
「筆舌に尽くしがたい」
ものだったのでしょう。

しかしながら人は
「苦境」にある時、

「悲嘆」するだけでは
何も解決しないのです。

苦境を乗り越える原動力は
やはり「ユーモア」。

八方塞がりだと思っても、
少し笑みを浮かべる
ぐらいの気持ちで

周りを見渡せば、
突破口は必ず見えてくる。

我々にだって
きっと出来るはずなのです!

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2019 cinemactif . All Rights Reserved.